男性

不動産投資信託とは一体何か|知っておくと損しない投資方法

資金調達としての活用

ソーラーパネル

土地付き太陽光発電では、約10年で購入費用を回収し、その後は約10年間、大きな利益を得ることが可能です。ただし20年目以降は利益が少なくなるので、あらかじめシミュレーションをしておくことが大事です。またそのために、昨今では20年間の借地権がついている土地付き太陽光発電も利用されるようになっています。

Read More

大きな収入を得るために

建物

マンション経営は、大きな資産を残せる経営です。また、経営者に万が一のことがあった場合もより多くの資産を残せると考えられます。それから、節税にもつながるので、最初赤字でも黒字に持っていくことが可能です。このようなことから、おすすめの投資であると考えられます。

Read More

長期保有がお勧め

硬貨

利回りが魅力

資産運用をするのであれば上場不動産投資信託はお勧めです。理由は2つあります。1つは分配金利回りが株式投資における配当利回りよりも高いという点です。最近では、平均分配金利回りが4%弱程度となっています。定期預金の金利や国債利回りと比べると、桁違いに高い利回りですが、平均配当金利回りと比べても、2倍近くあります。2つ目の理由が、分配金が安定しているということです。企業による配当金の場合、業績が急速に悪化して、無配となるケースもしばしばあります。しかし、上場不動産投資信託は保有している資産のほとんどが、収益物件であるため、収入が安定しているのです。つまり、上場不動産投資信託は、高利回りが長期にわたって期待できるということです。

優待もありえる

最近では、投資主に対して優待を始める上場不動産投資信託も登場してきました。介護施設系の銘柄の場合には入居費用の割引を実施しています。ホテル系の銘柄では、保有ホテルでの宿泊やレストランでの食事で利用できる割引券を配布しています。また、隠れた優待としては、アンケートに答えると抽選でカレンダーなどを贈答しているケースもあります。いろいろな上場不動産投資信託に投資をすれば、分散投資の効果を得られるだけでなく、その分、楽しみも増えるというわけです。上場不動産投資信託の投資口価格は、ほとんどが100万円以下であり、10万円から40万円程度で投資をすることができる銘柄が多いです。少額で始められるので投資初心者にも向いている金融商品です。

自分のためになる

勉強

不動産投資セミナーに行く意味が見当たらないという人も多いですが、知人や普通に生活しているだけでは出会えない話が聞けるため、参加する価値はあります。ただ、自分に合っているかどうかは見極める必要があるため、吟味しておきましょう。

Read More